new   6日前に投稿

愛猫ルナの血液再検査報告

2019年11月14日

この記事は約 2 分で読めます。

0

ルナが退院してから二週間が経ち、
血液の再検査を病院でしてもらいました。

皆さまには
ご心配をおかけしましたが、
おかげさまで退院してから
二週間が経ちました。

退院時に、二週間後に
血液検査に来て下さい と言われ、
果たして二週間生きるのだろうか?
半信半疑な気持ちもあったので、
今回、検査に行くのは
嬉しい気持ちもありました。

食欲も戻り、
元気を取り戻したように見えるルナ。
この調子なら、
数値は前回よりさらに下がっていると
期待していましたが・・・。

残念な事に
前回より数値は上回ってしまいました。

ルナの血液検査結果退院時再検査 (前比)正常域
BUN-PS (mg/dl)48.4 52.1 (⤴)17.0-35.0
CRE-PS (mg/dl)2.873.55 (⤴)0.8-1.8
IP-PS (mg/dl)5.04.3 (⤵)2.7-6.4

以下のチャートは
ルナのクレアチニン値(CRE)を
表したものです。

CanvasJS Line Charts
Chart Theme light2

腎機能の程度と
クレアチニン値(CRE)とは相関関係にある。
Stage 3 から臨床症状があらわれる。

StageCRE ( mg/dl )臨床症状
1<1.6腎臓に異常がみられる ※1
21.6-2.8軽度の臨床症状 ※2
3 (ルナのステージ)2.9-5.0 (ルナ 3.55)様々な臨床症状が全身に発現
4>5.0集中治療が必要

※1 尿濃縮能の低下、触診における腎臓の異常など。
※2 多飲多尿など。若しくは臨床症状なし。

犬と猫の慢性腎臓病の治療

退院時、
軽度腎不全の域まで数値が下がり
さらに数値の下がる期待もしましたが、
今回の検査結果において、
中等度腎不全の域に達してしまいました。

唯一の救いはIP-PS
正常域でさらには前回数値より
若干低くなった事です。

Dr. (ドクター) の所見では
腎臓病用療法食経口治療薬
投与を引き続き行い、
一か月後に検査に来て下さい
との事ですが・・・。

果たして
一か月後に検査に行けるのか
月に帰ってしまうのでは?
・・・との心配もあります。

とにかく、
一日一日を大切に
今を精一杯ルナと共に
生きたいと思います。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
愛猫ルナの血液再検査報告