2週間前に投稿

愛猫ルナの腎臓病用療法食と経口治療薬

2019年11月9日

この記事は約 4 分で読めます。

4.5

愛猫ルナが退院して 5日経ちました。
おかげさまで落ち着きを取り戻し、
食欲も出てきました。

まだまだこれから
どうなるか分からない状態ですが、
ルナの療法食と経口治療薬を
ご紹介させていただきます。

慢性腎臓病の猫ちゃんが、
腎臓病用療法食を食べた事で
「長生きした」と言う報告が
あるそうです。

残念ながら慢性腎臓病は
治る病気ではありませんが、
上手く付き合いながら、
少しでも辛い症状を防ぎ、
進行を遅らせるために
これからわたしたちが
管理する事です。

先ずは、
以下のチャートをご覧下さい。

猫の腎臓病は、
年齢とともに増加します。

グラフにカーソルを合わせるとラベルと数値が表示されます。
また上部のラベルをクリックすると非表示にもできます。

JavaScript charting by Chart.js
Reference statistics

ルナの年齢の 5歳
罹患率 1% まで上昇します。
注目すべきは6歳から 7歳で、
罹患率が急激に上昇します。

腎臓病用療法食

慢性腎臓病では、
食事療法が最も重要な治療となります。

慢性腎臓病の食事管理では、
腎臓に負担をかけないよう食事中の
リンを制限 ※ (減らす) する必要があります。
※ リンを制限すると美味しくないらしいです。

獣医師に薦められた
ロイヤルカナンの腎臓病用療法食
腎臓サポート シリーズ。

腎臓サポート スペシャル

腎臓サポートは3種類あって
どれにしたら良いのか分からず色々調べました。

腎臓サポート腎臓サポート
スペシャル
腎臓サポート
セレクション
タンパク質23.4g
(Min value)
26.4g
(Max value)
23.8g
リン0.31g
(Min value)
0.45g
(Max value)
0.40g
  • 腎臓サポート
    安くて一番 リンとタンパク質の制限がなされている(基本美味しくない
  • 腎臓サポートスペシャル
    香りや味にこだわって作られており、
    リンとタンパク質の制限が低い。(ルナはお気に入り)
  • 腎臓サポートセレクション
    リンとタンパク質を制限しながらも、シーバのようなふたつの食感
    (こちらもルナはよく食べる)

慢性腎臓病の経口治療薬

猫のために開発された慢性腎臓病の
経口治療薬 セミントラ

  • セミントラはテルミサルタンという有効成分を
    猫ちゃん用に使いやすくした経口液剤です。
  • 慢性腎臓病の猫ちゃんでは尿中にタンパクが漏れ出し (蛋白尿)、
    このことが寿命を縮めてしまうことが知られています。
    セミントラはこの蛋白尿を改善する薬であり、
    蛋白尿をはじめとする腎臓病を進行させる様々な悪化因子を抑え、
    残された腎機能を守ることが期待できます。

海外の薬なので、
ビンの蓋を押して
回さないと
開きません。
子供の誤飲予防らしいです。

セミントラ

計量シリンジ (注射器のようなもの)
が付いていて、
そのメモリで測ります。

猫の体重1Kgに対してメモリ1、
ルナは体重が約 5kgだから
メモリ 5まで吸い上げます。

ほぼ無味無臭のようですが、
ちょっと粘りのある液体で、
毛につくとベタベタして、
乾くと固くなるので注意が必要です。

ルナは嫌がらずに飲んでくれています。

愛猫ルナとわたしたち、
腎臓病と上手く付き合って、
少しでも長く共にいられるように
努力したいと思います。

この記事のチャート描画について

グラフ作成用JavaScriptライブラリの
大御所 Chart.js を使いました。

グラフの種類、色や表示方法など、
カスタマイズ性も抜群で、
手軽に美しいグラフを表示できると
言われていますが
実際にはオプション設定が、
思ったより難しかったです。

レスポンシブ対応なのですが、
そのままだとスマホ表示で
潰れて表示
されるので
一捻り必要になります。

まず、ページにキャンバスが必要です。

<div class="chart-container" style="position: relative; max-width: 600px; max-height: 400px;">
<canvas id="myChart" width="600" height="400"></canvas>
</div>

IDをつけた canvas 要素を設置。ここにグラフが表示されます。

使用できるキャンバスができたので、
ページにCDN経由でChart.jsを含める必要があります。

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/chart.js@2.8.0"></script>

これで、グラフを作成できます。
ページにスクリプトを追加します。

基本は、こちらを参照の事。

カスタム描画は
以下の記事を参照しました。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました

愛猫ルナの腎臓病用療法食と経口治療薬