1ヶ月前に投稿

WordPress 本文を読む目安時間を表示する

2019年5月28日

この記事は約 3 分で読めます。

4.5

わたしの Respectする
寝ログさんで紹介している

「本文を読む目安時間」
を表示するWordPressカスタマイズ方法

と言う記事のソースコード
カスタマイズしたいと思います。

元記事では

  1. functions.phpに時間取得関数追加
  2. テンプレートで関数の呼び出し

Two stepですが、

  1. functions.phpに時間取得関数追加

Step で完結させます。

メインクエリを参考

条件分岐タグのメインクエリの項目に
フィルターフック the_content を使った例
があったので参考にしました。

メインクエリ
is_main_query() 現在のクエリ (ループ内など) が
「メイン」クエリの場合に true を返す。

ソースコード

//本文を読むのにかかる時間
function get_time_to_content_read($content){
  if (is_singular() && is_main_query() ) {
  $count = mb_strlen(strip_tags($content));
  if ($count == 0) {
    return 0;
  }
  $minutes = floor($count / 600) + 1;
  return '<p class="gt_count">This article can be read in about<span class="gt_minutes"> '.$minutes." </span>minutes.</p>".$content;
  } else {
  return $content;
  }
}
add_action('the_content','get_time_to_content_read');

条件分岐タグ

条件分岐タグ (Conditional Tag) は、
テンプレートファイル内で表示される内容や、
特定のページ内容を表示する条件を設定するのに使います。

以下のリンクは
主な例をリンクしたものです。

結果

以下の画像や
アイキャッチ画像のように
本文を読む目安時間が挿入されます。


Local Word Press 固定ページの表示例

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
WordPress 本文を読む目安時間を表示する