3週間前に投稿

尾崎豊、アイラブユー

2019年5月9日

この記事は約 4 分で読めます。

4.5

皆さまは「尾崎 豊」をご存じでしょうか?

先日、書店にて この雑誌が眼に留まり、
立ち止まった瞬間に手に取り
迷うことなくレジに向かいました。

1992年4月25日、ロックミュージシャン尾崎豊は26歳で夭折した。桜の季節が過ぎ去り、ファンの肩を冷たい雨が濡らしてから今年で27回目の4月を迎える。「平成」が終わり、新たな時代へーーー。別れと出会い、終わりと始まりが交差するこの時、多くの人々に愛された、かつての若者の代弁者にスポットを当てる。「自由になりたくないかい?」「熱くなりたくはないかい?」生前、ステージからそう叫び続けた男は、私たちを鼓舞してきた。その音楽は聴く者の心と身体を一瞬で高揚させ、勇気を与える。それは今日まで不変であり、多くの人々に尾崎が支持される理由だ。短くも美しく燃え、鮮烈な記憶を残した男は、なにを探し続けたのだろう?その魂宿る71曲の熱きメッセージには、生きるヒントが刻まれている。新時代を前に歌い継ぐべき私たちの「遺産」に、いま再び耳を傾けよう。

尾崎豊、アイラブユー | Pen | Pen Online
View by MAGASTORE

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年(昭和40年)11月29日[1]1992年(平成4年)4月25日[1])は、日本シンガーソングライター青山学院高等部中退[1]血液型B型[2][3][4]身長は公式発表によると178cm。父親は元陸上自衛隊尾崎健一。歌手の尾崎裕哉は息子。
1983年12月シングル15の夜」とアルバム十七歳の地図』で高校在学中にデビュー[1][5]
ライブでの熱烈で破壊的なパフォーマンスや、夢や愛、生きる意味をストレートに表現した赤裸々な歌詞など、社会や学校の中で感じる葛藤や心の叫びを表現した楽曲の数々が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる[5][6][7]。その作品と活動、精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは死去から25年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンに支持されている[8]
1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、社会的にも大きな衝撃を与えた[注釈 2]。死後25年を過ぎてもなお尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている[5][8]

尾崎豊 – Wikipedia – ウィキペディア
View by MAGASTORE

もし、この記事をきっかけに
彼に興味が湧いたなら、
この雑誌を購入してみるのもよいですし、
彼の楽曲に耳を傾けるのも良いと思います。

Design by THESEDAYS

わたしのブログは
写真を愛する方々も訪れますが、
田島照久さんの手がけるデザインにも
注目
していただけたらと思います。

雑誌の Cover Photoは
1987年 New Yorkにて
田島照久さんが撮られた
作品だそうです。

田島 照久(たじま てるひさ、1949年 – )は、日本アート・ディレクターグラフィックデザイナー写真家デザイン・プロダクション「Thesedays」主宰。
大学卒業後、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社し、ソニーレコード・デザイン室に勤務する。矢沢永吉マイルス・デイヴィスのジャケット・デザインを担当[1]1980年にソニーを退社しフリーランスとなり、自身のデザイン・プロダクション「Thesedays」を設立。
その後、浜田省吾尾崎豊を始めとする数多くのアーティストのジャケット・デザインを担当[1]。音楽関係以外でも、ポスター広告カレンダー写真集小説文庫本の装丁など幅広い分野の仕事を手掛けている[1]

田島照久 (デザイナー) – Wikipedia

また、
以下の記事に書かれた
尾崎 豊の愛読書を読んでみるのも
良いかもしれません。

Pen と言う雑誌をこの出来事をきっかけに
知る事が出来たのですが、
バックナンバーを確認すると、
とても興味深い特集を組んだナンバーが
数多くあるので、今後も含めて
注目
していきたいです。

Pen(ペン)は、CCCメディアハウスが発売している男性向けカルチャー・ライフスタイル誌である。毎月1・15日発売。
1997年創刊の月刊誌ギリーがその翌年にリニューアルされ、月刊Penとして新創刊された。デジタルが急速に普及するなか、手書きの温かみを大切にしたいというコンセプトからこの誌名がつけられた。創刊号の特集は、「蘇った英国へ」。2000年10月1日号から月2回刊。
なお月刊ペン事件とは無関係である。

Pen (雑誌) – Wikipedia
貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
尾崎豊、アイラブユー