4週間前に投稿

WordPressでランダムな投稿にリダイレクトする

この記事は約 4 分で読めます。

4.5

読者をランダムな投稿にリダイレクトする
ページテンプレートを作成してみます。

導入方法
  • STEP 1
    固定ページを新規作成し、パーマリンクを変更する
    パーマリンクを random に変更する
  • STEP 2
    page-random.phpを新規作成
    page-random.phpにコードを書く
  • STEP 3
    page-random.phpをアップロードする
    テーマのディレクトリ直下にpage-random.phpをアップロード

パーマリンクを random に変更する

まず、新しい固定ページを作成し、
パーマリンクを random にします。

page-random.phpにコードを書く

page-random.phpというファイルを
新規作成してランダム投稿を
表示するためのコードを書きます。

// source code from page-random.php implemented through WP_Query
// Random Redirection Page Template
// set arguments for WP_Query()
$args = array(
    'posts_per_page' => 1,
    'orderby' => 'rand'
);

// get a random post from the database
$my_random_post = new WP_Query ( $args );

// process the database request through WP_Query
while ( $my_random_post->have_posts () ) {
  $my_random_post->the_post ();
  // redirect the user to the random post 
  wp_redirect ( get_permalink () );
  exit;
}

The main benefit of using WP_Query is that it can accept more arguments than the get_posts() function, thus offering more flexibility when you’re building specific queries.

Random Redirection In WordPress — Smashing Magazine

page-random.phpをアップロード

完了したら、
page-random.phpファイルを
あなたのテーマディレクトリに
アップロードします。

WordPressでは固定ページを表示するときに、
パーマリンクに対応する名前のファイル名があると
それを自動で読み込んでくれます。

固定ページの場合「page-パーマリンク名.php」という
ファイルが存在していると、
page.phpではなく、
そのphpファイルを読み込んでくれます。

ページ階層の詳細については、
WordPress Codexを参照。

ページを公開した後、
ページにアクセスするユーザーは
自動的にランダムな投稿にリダイレクトされます。

当ブログの
Redirect to Random post を
クリックしてみて下さい。
ランダムな投稿に
リダイレクトされるはずです。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
WordPressでランダムな投稿にリダイレクトする