3ヶ月前に投稿

カスタムブロックをプラグインとして公開します。

この記事は約 2 分で読めます。

4.5

ブロックエディタ (Gutenberg) の
カスタムブロックについての記事を
もうちょと書こうと思いましたが、
わたしがヘタな記事を書くより、
ソースを見てもらったり、
エディタに組み込んで試してもらった方が

分かりやすいのかな?と思い、
カスタムブロックを
WordPressプラグインとして公開します。

それと、
GitHub リポジトリも作成してみたかったと
言うのも理由の一つです。

とりあえず、プライベートリポジトリで
作成
してちょこちょこ修正して動作の確認後、
パブリックに変更して公開に踏み切りました。

・・・何でも、GitHub 無料ユーザーは
今までプライベートリポジトリは作成出来なかったけど、
最近、無料ユーザーでもプライベートリポジトリを
作成出来るようになったとの朗報に沸いています。

GitHub Free 無料で利用できるプランでも、プライベートリポジトリが利用できるようになりました。プライベートプロジェクトにGitHubを利用する開発者は、リポジトリごとに最大3人のコラボレータとの共同作業が可能です。パブリックリポジトリは(もちろん)引き続き無料で、コラボレータの数に制限はありません。

新しい年とともに、新しいGitHub を – The GitHub Blog – Japan

わたし自身は、
トップシークレットなプロジェクトが
あるわけではないですが、
保管場所としてのrepositoryなら
プライベートもあったらよいと思いますし、
大変喜ばしい事だと思います。

ちょっと話が脱線しましたが、
GitHub リポジトリにて
カスタムブロックを公開いたしました。
以下からダウンロードしてください。

GitHub リポジトリについての
記事も書きたいと思っていますが、

「取り急ぎ」のかたちで
カスタムブロックを公開いたしました。

※ WordPressプラグインと
書きましたが非公式です。
ご利用は自己責任にてお願い致します。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
カスタムブロックをプラグインとして公開します。