functions.phpの編集をミスった

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressのfunctions.phpは、
編集をミスるとブログが表示されなくなったり、
管理画面にアクセスできなくなります。

子テーマの編集画面には

子テーマの関数 : functions.php
※ functions.php を書き間違えると、
WordPress そのものが動作しなくなるためご注意ください。

と書かれた通り、
編集を間違えると
ブログが表示されなくなります。

CAUTION

ここから先は
子テーマのfunctions.phpとして
お話させて頂きます。

functions.phpの編集をミスったら

WordPressをカスタマイズする時、
functions.phpを編集するか、
style.cssを編集するのが主だと思います。

カスタマイズを紹介するブログでは、
多くはfunctions.phpを編集し、
必要ならstyle.cssも編集するって感じで
紹介しているブログが多いです。

ただし、このfunctions.phpは、

記述を間違えると
ブログが表示されなくなります。

あなたも経験がありませんか?

わたしも先日やらかして、
ブログも頭も真っ白になりました。

まずは落ち着くこと

もし、
functions.phpの記述を誤っても
慌てないでください。

まずは落ち着きましょう。

ブログが表示されなくなっても復旧できます。

ブログを復旧する手順

復旧にはFTPソフトとテキストエディタ
使用します。

復旧方法は以下のような手順になります。

  1. FFFTPなどのFTPソフトを使って
    functions.phpをPCにダウンロードする。
  2. TeraPadなどテキストエディタでfunctions.phpを開き、
    間違って編集をした箇所を元に戻す。
  3. FFFTPなどのFTPソフトを使って
    元に戻したfunctions.phpをアップロードする。

要するに、
functions.phpをダウンロードして直してやり、
元の場所にアップロードして(返して)やるって事です。

FTPソフトからfunctions.phpをダウンロードする時、
functions.phpは以下の場所にあります。

【 WordPressの設置場所 】/wp-content/themes/【 子テーマのフォルダ 】/functions.php

ダウンロードしたfunctions.phpを
編集ミスをする前の状態に戻してアップロードすれば
管理画面にアクセスできるようになります。

編集前のバックアップ、これ大事

予めfunctions.phpのバックアップをとってあれば、
そのfunctions.phpを上書きアップロードするだけでOKです。

functions.phpがどこにあるか
把握しておく事も大切です。

最後に

functions.phpの編集ミスは
カスタマイズするにあたり誰でも一度は通る道のようです。

いざと言うときは慌てず落ち着いて行動してください。

 

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました

 

functions.phpの編集をミスった