.htaccessファイルが生成されない

2018年9月5日

この記事は約 3 分で読めます。

WordPressは、パーマリンクの設定をした時に
.htaccessファイルを生成する処理を行います。

本来自動で作られる

つまりパーマリンクの設定をすれば
勝手に作られるようなのですが、

わたしのWordPressは
生成されないようです。

初期の段階で特に不都合なく
動いていたので気付きませんでした。

原因は不明なのですが、
データベースシステムが
SQLite(エスキューライト)だからと
言うことでもないようです。

.htaccessファイルが作成されていない場合

  1. パーマリンクの設定を行う
  2. ファイルパーミッションの設定を変更する

以下のブログが詳しいです。

とにかく.htaccessファイルは
WordPressでは必須ファイル
らしいので無ければ作ってやります。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

必ず必要

そして、
早速必要になりました!

わたしの使用している
WordPress テーマ Luxeritas は、

.htaccess にGzip 圧縮とブラウザキャッシュを有効にし、
ページの表示を高速化する追記があります。

常時SSL化後、

.htaccessに「http→https」の
リダイレクト設定をします。

# 常時HTTPS化(HTTPSが無効な場合リダイレクト)

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !/wp-cron\.php$
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

最後に

このように
必ず必要になるファイルなので、
無い場合は作ってやる必要があります。

 

 

CAUTION

本来はこのような記事は姉妹ブログに書くのですが、
このような記事を書く場合でも
WordPressと、このブログのWordPressテーマを使うと
目次やブログカード、シンタックスハイライターが
標準で使えたりしますよと言う
ご紹介も兼ねてあえて、このブログにて書かせて頂きました。

 

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました