8ヶ月前に投稿

Gutenberg で書いてみた

2019年8月2日

この記事は約 2 分で読めます。

4.5

Gutenberg (グーテンベルグ) とは

Gutenberg
(グーテンベルグ)とは、
WordPressに実装された
新しいエディタの事。

「ブロックエディタ」
と言うらしい。

2018年12月7日に
WordPress 5.0がリリースされ、
Gutenberg (グーテンベルグ)が
投稿エディタとして新しく
実装されました。

このエディタは
非常に評価値が低く、

Classic Editor
(WordPress 5.0
で廃止された
旧エディタのプラグイン)

は評価5つ星がたくさんで
人気があると言うか、

WordPress 5.0 でも
旧エディタを使う人が多い
と言う事らしいです。

わたし自身も
Classic Editorを
使い続けようかと
思いましたが、

いずれは
新しいエディタに
なっていくのであれば、
早く慣れてしまおうと
思ったのですが、

確かに
初めて触れた感想は

何だこりゃ
使えねー

でした。

でも、
慣れるしかないかなぁ
と思います。

(2018/12/18 現在
Gutenberg は
素晴らしいエディタであること
間違いない。)

特定の投稿だけ
クラシックエディタを使う
方法を発見したので、

古い記事は
クラシックエディタで
編集できるように
しました。

今後、新しい記事は
Gutenberg にて
投稿する事になります。

WordPress 5.0 と Gutenberg で気になった事

  1. WordPress 5.0 になっても
    プロフィール画面に

    エラーメッセージが出るのは
    修正されていない。

  2. Gutenberg の
    投稿画面のタグ追加欄で
    よく使われているタグから選択
    消えてしまった。

    これは、WordPressの仕様なのか、
    テーマの仕様なのか不明。

    Classic Editor では使えるし、
    意外と便利なので、
    Gutenbergでも
    是非継承して欲しい機能
    です。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
Gutenberg で書いてみた