3ヶ月前に投稿

ネオン・広告の会 (12月)

この記事は約 2 分で読めます。

3.5

今日は、
高橋さんの写真記念館の
有限会社・ネオン電柱広告写真鑑賞会に、
参加させて頂きます。

ディズニーシーの
隠れたジョークをご紹介します。

東京ディズニーシーの
「アメリカンウォーターフロント」、

19世紀初頭のニューヨークを
再現したこの街並みの中には、
見方によっては
思わず なるほどね!な
ジョークが隠れています。

街並みの中の
半地下になっている部分を
撮影したのですが、
なんと!
ジョークが隠れていました!

街並みに並ぶ建物の中に
1か所だけ半地下に
なっている部分があるのですが、

ここには
空中ブランコをする人が
描かれている
黄色い看板があります。

この看板には

「 THE GREAT! el Molino Aerialist & Novelty Acts
(エルモリーノ・エアリアリスト&ノベルティアクト)」

と書かれています。
これは

「偉大なエルモリノ 空中曲芸師&斬新な演技」

といった意味だそうです。

この建物は看板の通り
スタントマンや
空中曲芸師の事務所のようです。

しかし、
「空中」曲芸師の事務所なのに
「地下」に入口があるという
小さいけれど、
深いジョーク!

さらに、
事務所の位置を示す赤い矢印が
空中ブランコにぶら下がる男性の
真横に描かれており、
見方によっては

「空中ブランコをしている横に、
落下するような赤矢印」

があるという、
縁起の悪い
ちょっと難解な
ジョークが描かれています。

こんな隠れたジョーク、
探してみると
おもしろいですね♪

 
有限会社・ネオン電柱広告写真鑑賞会
詳しくは、高橋さんの写真記念館まで。

 
貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました

 

ネオン・広告の会 (12月)