1ヶ月前に投稿

アナ王女の誕生日と夏至

2021年6月21日

この記事は約 9 分で読めます。

4.5

アナ王女とは
アナと雪の女王」の主人公。
実は、6月22日「にゃ~にゃ~の日」の
記事を書くにあたり、
6月22日の出来事などを
調べていたらアナ王女の誕生日
6月22日と言う事を知りました。

画像: Screenshot

それはそれでよいのですが、
誕生日は「夏至」であり、6月22日と言う事に
違和感があり調べる事にしました。

ご存じ夏至は
北半球において、
1年のうちで最も昼の時間
(日の出から日没までの時間)
が長くなるため、
「1年で最も日が長い」
としておなじみですね。

夏至は毎年6月21日か22日、21日前後と
考えれば22日が夏至でもおかしくはないのですが、
22日が夏至だった年はそう多い訳ではなく、
なぜ(誕生日)を21日にしなかったのか疑問です。

アナ王女の誕生日が6月22日の根拠はどこに
あるのでしょう?

アナ(Anna:Princess Anna of Arendelle)- CV:Kristen Bell/神田沙也加 アレンデール王国の王女。18歳。
誕生日は夏至(6月22日)。おてんば恋娘。髪は赤毛であり、編み込みを半分ずつ両肩から垂らしている。
虹彩はエメラルドグリーン。

アナと雪の女王の登場人物一覧とは (アナトユキノジョウオウノトウジョウジンブツイチランとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 (nicovideo.jp)

ニコニコ大百科では
6月22日夏至であるとして、
6月21日夏至になりやすい
と定めています。

単にこれが答えなのでしょうか?

アイキャッチ画像 (SS):アナと雪の女王|ディズニー公式

エルサは冬至でアナは夏至

エルサは冬至でアナは夏至が誕生日
という話は通説らしく、
映画監督兼脚本担当者ジェニファー・リーさんの
Twitterにより明らかになっています。

For all who’ve asked, here’s an exclusive: Elsa was born on the Winter Solstice & Anna on the Summer Solstice.
質問したすべての人のために、ここに独占があります:エルサは冬至で生まれ、アナは夏至で生まれました。

Jennifer Leeさん (@alittlejelee) / Twitter

物語の性質からしても
夏至と冬至が誕生日は
説得力があるというか、
なるほど不思議と
納得してしまいますね。

なぜ22日になったのか

では、なぜ21日ではなく22日になったのでしょう?
当然、生まれた年の夏至が22日だったと言う事に付きますが、
だったら「それっていつなんだよ!」って話です。

イヤイヤ、もしかしたら
エルサの誕生日である
12月22日の22日に合わせた?

単純ですが
無きにしも非ずなきにしもあらず」ですね。

映画に関連する年の夏至を調べる

映画の公開日などの
夏至はいつだったのでしょう?
ちょっと調べました。

映画に関連する年

「アナと雪の女王」に関連する年は

  • 2013年 アナと雪の女王 公開
  • 2014年 アナと雪の女王 日本公開、監督のツイート
  • 2015年 アナと雪の女王 エルサのサプライズ 公開
  • 2017年 アナと雪の女王/家族の思い出 公開
  • 2018年 アナと雪の女王/家族の思い出 日本公開
  • 2019年 アナと雪の女王2 公開
  • 2021年 ちなみに今年は?
日時 (UT)日本
2013年6月21日05:046月21日
2014年6月21日10:516月21日
2015年6月21日16:386月22日
2017年6月21日04:246月21日
2018年6月21日10:076月21日
2019年6月21日15:546月22日
2021年6月21日03:326月21日
夏至 – Wikipedia

上記の通り、夏至が22日だったのは
2015年 (日本 中国)、2019年 (日本)だけで、
世界時では一日もありませんでした。
2015年は、
物語の西暦が明らかになる
(下記を参照の事)
「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」が
公開された年ですが、
そこが基準と考えて夏至を
22日に定めた?と考える?

(日本独自の解釈?)
(中国の夏至も22日に関係している?)

2019年は「アナと雪の女王2」の
日米同時公開の年ですが、
同時公開に何か関係が??

物語の年代では

アナ王女が生まれたのは1800年代と
あまりにザックリすぎますが、

1800年代 - アナ王女、映画『アナと雪の女王』他に登場するキャラクター

6月22日 – Wikipedia

アナ王女が生まれたのが1800年代なら
物語の西暦も1800年代となりますね。

これではザックリすぎますが、
夏至が22日の年は現代に比べれば
はるかに多いように思われます。
『10(22日) 対 6(21日)の割合?』
そこ(1800年代) を基準と考えれば
22日が夏至
になるのかな?

夏至について、
ウィキペディア (Wikipedia)によれば、
定気法で6月21日ごろ、
平気法で6月22日ごろと
どちらも「ごろ」である。
1904年 – 2055年には6月21日か6月22日だが、1903年(過去に1度のみ)は6月23日で、
2056年からは6月20日もある。
(1900年代は明らかに22日の夏至が多いように思われる。)
と言う事ですが、確かに、
2056年からは6月20日もありますね。

物語の西暦が明らかに

もうちょっと具体的に知りたいですね。

以下の地図は
アナと雪の女王 エルサのサプライズ」で
使われた地図らしいのですが、
MDCCCXLと書かれています。

(SS) アレンデール王国の地図 MDCCCXLと書かれている

MDCCCXLとはローマ数字で1840と言う事だそう。

「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」が
1840年と言う事は「アナと雪の女王」は
前年の1839年になる
ようです。

この解釈も諸説あり、
1840年はアレンデール国王(エルサとアナの父)、
アレンデール王妃(エルサとアナの母)が
外交のため船出した途中で船が嵐に襲われ
沈没した年
をあらわしており、
「アナと雪の女王」は
その3年後(1843年)の物語の解釈もあります。

もう少し詳細に

1839年からアナ王女の歳18を引くと
1821年がアナ王女の生まれた年になります。

1843年からアナ王女の歳18を引くと
1825年がアナ王女の生まれた年になります。

Table of dates/times from 1600–2400

「アナと雪の女王」の物語が展開されたとする
1839年または1843年の夏至は22日 (Jun 22)。

物語が展開された年が夏至でも
誕生日とは無関係
に思います。

アナ王女が生まれたと推定される
1821年の夏至は21日 (Jun 21)、
1825年の夏至も21日 (Jun 21)。
1822年に生まれたとすれば
夏至は22日 (Jun 22)
になります。
1823年か1826年に生まれても
夏至は22日 (Jun 22)
になりますが、
1823年の可能性は低いと言えます。

戴冠式たいかんしきが1844年の説

「アナと雪の女王」での
戴冠式の日付を1844年とする説があり、
そうすると1826年が誕生日となり、
この可能性もあります。

戴冠式が1844年の根拠は
物語の中で7月の発言がある事、
ノルウェー王室で7月29日に
戴冠式が執り行われた史実がある事、
劇中歌の楽曲中に、満月の描写がみられ、
1840年代で7月29日に満月が昇る年は、
1844年であることを根拠としている。

写真は、
「アナと雪の女王」で使用されている楽曲
とびら開けて」の満月の描写
7月の発言があるオーケンの店のシーン。
オーケン(Oaken):サウナ付き山小屋の主人。5人の家族がいる。
オーケンのセリフ:
7月なのに凄い吹雪!この雪、どこから来たんでしょう?

戴冠式が1844年の根拠は
かなりしっかりとした
根拠だと思います。

そうすると・・・。

結果

MDCCCXL(1840)と書かれた地図は
「エルサのサプライズ」で登場したから、
「アナと雪の女王」はその前年の物語と
言う解釈と、イヤイヤこれはアレンデール国王、
王妃の海難事故の年であり「アナと雪の女王」は
その3年後の物語なんだよって言う解釈を
覆す結果となりました。

「アナと雪の女王」の物語は
1839年でも1843年でもなく1840年」に展開した。
(1844年の説あり。)

「アナと雪の女王」関連の物語は
MDCCCXL(1840)と書かれた地図に従い
全て1840年に起きた出来事と解釈するか、
又は、MDCCCXL(1840)と書かれた
地図は1840年に創られ、その年に
「アナと雪の女王」の物語は展開
し、
「エルサのサプライズ」は
翌年1841年の物語であるのが
無理のない解釈となり、
アナ王女が22日の夏至に生まれたとされる
説の信憑性しんぴょうせいが高まります。

Table of dates/times from 1600–2400

1840年からアナ王女の歳18を引くと
1822年がアナ王女の生まれた年になります。

1822年は上記のように
6月22日が夏至となっています。

つまりは・・・、

アナ王女が生まれたのは
1822年6月22日 (夏至)
戴冠式の日付を1844年とするなら、
1826年6月22日 (夏至)
である。

Table of dates/times from 1600–2400

しかし、
監督のジェニファー・リーさんも
誕生日は夏至の言葉に
留めておりますし、
ウィキペディアも1800年代と
具体的な(誕生日の)日付を
(6月22日とは言っている)
公式に書いたものはありません。

この誕生日の解釈については
あくまでも22日が夏至であり、
物語が1840年に起きた出来事と
想定した結果であり、
これが全てではないという事です。

誕生日である夏至が21日又は
単なる夏至と設定すれば、
どの説も
納得のいく見解である。

最後に

ジェニファー・リーさんは
単に「夏至」と言っているだけなので、
22日でも間違いではない。
逆に言えば21日でもよい。
(2056年からは6月20日でもよい!)

最終的にここに落ち着く?ようですね。
どっと疲れが出ました・・・orz

まぁまぁ、あまり深く考えずに、
その年の夏至 (21日か22日、
今後は20日もある!)に
アナ王女のお誕生日をお祝い
してあげればよいのでは?
・・・と思いました。

この記事は
あくまで個人的主観と
個人の独自見解であると
付け加えさせて頂きます。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました

アナ王女の誕生日と夏至