6ヶ月前に投稿

不思議な「まつぼっくり」

この記事は約 3 分で読めます。

4.5

愛猫ルナが月に旅立って
今月末で半年経ちます。
(命日は31日 今月末日は30日)
長いような短いような
何とも複雑な心境なのが本音
です。
半年経とうとしている現在いま
愛猫ルナに関する不思議な
出来事をお話いたします。

Photo: 2015/07/02

はじめに

半年経とうとしている現在いまやっと
お話できる状況(精神的)になったかな。

今でも思い出して
涙するのは変わらない・・・。

よい機会ですので、
この不思議な体験を
皆さまとシェアしたいと思います。

不思議な「まつぼっくり」

アイキャッチ画像の「まつぼっくり」。
愛猫ルナが月に旅立った翌朝、
ガレージに置いてあった
ものです。

厳密に言えば
落ちていたものになり、
「鳥か何かが落としていった物だろ?」
ってなるのですが、
わたしたちはそうは思わない。
愛猫ルナが置いていったものだと
信じています。

ルナが最後に感謝の気持ちを込めて
置いていったもの
だと確信しています。

きらら(愛猫)には見えた?

まさに愛猫ルナが昇天するとき、
愛猫きららは心配そうに傍らにいました。
そして、その(昇天する)瞬間に
上を見つめて何かに飛び掛かり
ました。
もちろんわたしたちには見えませんが、
しきりに飛び掛かって掴もうしました。

恐らく愛猫ルナの魂が見えたのだと。
そして、必死に引き留めたのだと
思っています。

動物には
人に見えない何かを見る能力
あるのだと聞いたことがあります。
まさにその事だと確信しました。

4月30日の思い出

この記事を書くにあたり、
4月30日の画像を探してみました。

過去の画像データから4月30日を
探すと2点ありました。
2015年と2017年。

2015年では画像はJPEGで保存しており、
RAWデータで保存しているのは
2016年になってからです。
なので、画像もJPEGからの
現像で詳細な調整は
出来ませんでした。

2015/04/30

2015年、寝室のクローゼットの前。
まさに昇天の時もこの場所でした。
この場所から月に旅立ってしまう
とは
誰が想像できたでしょう・・・。
あの子は分っていたのかな?
なんて思ってしまいます。

2017/04/30

2017年、リビングに置かれた
キャットタワーの上で
寝転んでいる様子。
朝陽を浴びて毛色が茶色に見えます。
あの子、真っ黒ではなかったんだよね。
キャットタワーが大好きな子でした。

2018/03/06

2018年は3月の物になります。
リビングの窓際、カーテン越しから
こちらを見つめると言うか
睨んでいる感じです。
何か言いたかったのかもしれませんが、
知る由しるよしもありません。

最後に

今思うと愛猫ルナは、
自身が短命なのを知っている
ような
行動をよくしたなと思います。
もちろん偶然なのだと思いますし、
結果そう思うような状況になった
と言う事なのだと思いますが、
人とは違う動物の本能は
想像も付かない事が現実に
あるのかもしれない
と思います。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
不思議な「まつぼっくり」