12ヶ月前に投稿

愛猫ルナの生きた証 (キャットタワー)

この記事は約 2 分で読めます。

3.5

愛猫ルナが月に旅立って
12月11日 (2020/12/11) で
42日経ちます。
六十七日むなぬか忌というそうで、
六七日のことを檀弘忌だんこうき
とも言うそうです。

さて、
ルナとキャットタワーは、
切っても切れないと言うか、
とにかく大好きで、
いつもそこに居たという感じでした。

アイキャッチ画像は
2017年に撮ったルナ、
キャットタワーに乗っています。
ちょっとフィルターが
かかった感じになっていますが、
個人的に気に入っています。

過去のストックから
ルナがキャットタワーに乗っている
画像で印象的なものを
数枚掲載いたします。

驚いたのは、
6年前の10月31日
(ルナが月に旅立った日)に
撮った写真がありました。

2014年10月6日 十三夜、
ルナが家族になりました。
それから25日余り、爪とぎポールに
自力で乗れるようになり、
その時の様子を撮影したものです。

このルナの姿をみて、
ルナが6年間の短い生涯などと
誰が想像できるでしょうか?

2014年 10月31日

外を眺めている姿
ちょこんと乗っている

爪とぎポールにちょこんと座るルナ、
6年後のこの日、
ルナは月に旅立ってしまいます。

外を眺めるルナの瞳には
6年後のこの日、旅立つ姿が
すでに映っていたのかもしれない
・・・。

次は、
4年前 (2016年)の
ちょうど今頃 (12月)の写真。

2016年 12月

まるで後光が射している
外を眺める姿
象さん?みたい?

この頃 (2016年)のルナは
成長著しく、人間の年齢にすると
24歳の青年期、モテ期でしょうか?

今思えば、
外を眺める事が多かったルナ。
旅立ちの日を
見据えていたのかもしれません。

次は、
3年前 (2017年)の
新年(1月)の写真で、
ツーショット写真です。

2017年 1月

長姉 きららと共に
高崎だるまと共に

ルナが成長してからは、
きららとルナが
こんなに近くにいるのは珍しく
この画はかなり貴重なショットです。

厄除け、家内安全、無病息災を
だるまさんに祈願して、
ルナと共に撮影しました。
この時もルナはキャットタワーに乗っていた。

このように
ルナとキャットタワーは、
切っても切れない関係にありました。

今では
他の子 (きらら、ミント)が
乗っているキャットタワーですが、
今でもルナが乗っていると
錯覚してしまう位に日常な事でした。

普段の生活に追われていると
ルナの事も忘れているのですが、
ふとした瞬間に(ルナの事を)思い出すと
胸が締め付けられます。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
愛猫ルナの生きた証 (キャットタワー)