1ヶ月前に投稿

愛猫ルナの近況報告 2020/10/24

この記事は約 3 分で読めます。

4.5

10月1日に goo blogにて
十三夜が待ち遠しい」という
記事を書きました。

わが家の愛猫ルナと十三夜は
関係が極めて深く、ルナが
わが家の家族になったのが
6年前の2014年10月6日、
この日は十三夜でした。

この年の十三夜は二回あり
後の十三夜月」とよび、
1843年以来、
実に171年ぶりに出現した
奇跡的な
年なのです。

そんな奇跡的な年にわが家の
一員となったルナは
十三夜と切っても切れない
記念すべき日なのです。

そして今年の十三夜は10月29日。

2020/10/24 撮影

9月下旬から10月初旬の
ルナの容体からは29日(十三夜)まで
持つかわからない状態
だったので
「十三夜が待ち遠しい」という
記事を書いた経緯があります。

2020年10月14日
愛猫ルナの近況報告はこちら

また、
今年の十三夜も奇跡的で、
10月29日が「十三夜」、
わたしたちが挙式したのが
10月29日と奇跡的に一致
しました。

記念日と十三夜が重なったのです。

そして、2019年10月20日は、
ルナが慢性腎臓病との告知とともに
闘病生活に入った日でもあります。

あれから一年、
よく頑張って闘病したと、
より労わってあげたいと思っていますが、
9月下旬から10月初旬の
ルナの容体からは
叶わぬかもしれない
と思いました。

しかし、現状から
明るい兆しが見え始めました。

相変らず
皮下注射(輸液)に通院してはいるものの
一時よりは、
はるかに元気を取り戻しています。

にゃ~にゃ~の日 2020年 10月はこちら

2020/10/21 撮影

強制給餌 (猫などの動物に
指やシリンジなどを使い強制的に
餌を食べさせる方法) で
ペースト状のフードを食べさせたり、
経口電解質飲料をあげています。

そして、自力で
少しだけカリカリフードと
チュールを食べたりしています。

とにかく、
自力で食べてくれたのはうれしい。

このような状況からも、
今年の「十三夜」をルナと共に
迎える事ができる可能性は
高いと言えそうです。

2020/10/24 撮影

つい先ほど、
リビングの窓際に来たルナ。

体調が悪いせいか、
キャットタワーのハウスに
閉じこもり気味だったのだが、
明るい場所に出てきたのは、
体調が少しは良いのかな?

今年の十三夜、今月29日を一緒に迎えたい。
永遠なんて欲張りな事を言わないから、
来年も再来年も愛猫ルナと一緒にいたい・・・。

十三夜が待ち遠しい

上記引用の言葉が叶うと信じて・・・。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
愛猫ルナの近況報告 2020/10/24