3ヶ月前に投稿

にゃ~にゃ~の日 2020年 5月 with 愛猫ルナの血液再検査報告 2020/04/22

この記事は約 7 分で読めます。

4.5

2020年5月22日の
にゃ~にゃ~の日」です。

先ずはじめに、
このような事態にも係わらず
ご参加下さいましてありがとうございます。

「にゃ~にゃ~の日」への参加
お写真ある時でかまいません。

在庫がございましたら それでも
結構ですし、過去のお気に入りでも
かまいません。

もちろん、
「 (このような事態で) 写真を
撮りに出かけられないから
今月はパスします。」
でも、ぜんぜんOKです。

おひとり おひとりが命を最優先とし、
ご無理のない容での
ご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、
先月22日、つまり 前回の
にゃ~にゃ~の日 2020年 4月」から
更新がストップしてしまいました。

改めまして、
皆さま お久しぶりです。

実は、
先月の22日 (にゃ~にゃ~の日) に
愛猫ルナの定期検診に出かけています。

このような事態の最中(さなか)に、
愛猫ルナを丁寧に診察下さった
病院の先生と(先生の) 奥さまには
大変感謝しております。

その結果を先月中に公開したかったのですが、
(このような事態で) 生活が一変してしまい、
更にイベント月という事も重なり
今頃になってしまいました。

なので 今回は、
「にゃ~にゃ~の日」に
愛猫ルナの血液再検査報告を
させて頂く容になりますことを
ご了承、お許しいただきたく
宜しくお願い致します。

愛猫 ルナ 自宅階段にて

その検査結果ですが、
尿素窒素(BUN) の数値は
前回と変わらず、
クレアチニン値(CRE)、
リン値(P)が共に上昇しました。

↓の表は横スクロール (ドラッグスクロール) 出来ます。

ルナの血液検査結果退院時検査 1 (前比)検査 2 (前比)検査 3 (前比) 検査 4 (前比)  検査 5 (前比)今検査 (前比)正常域
BUN-PS (mg/dl)48.4 52.1 (⤴)56.0 (⤴)52.1 (⤵)47.8 (⤵) 49.3 (⤴)49.3 ( – )17.0-35.0
CRE-PS (mg/dl)2.873.55 (⤴)2.80 (⤵)2.42 (⤵)2.36 (⤵) 2.20 (⤵)2.37 (⤴)0.8-1.8
IP-PS (mg/dl)5.04.3 (⤵)3.0 (⤵)3.5 (⤴)4.3 (⤴) 3.9 (⤵)4.2 (⤴)2.7-6.4
Luna Blood Test Results Document 1

以下のチャートは
ルナのクレアチニン値(CRE)を
表したものです。

CanvasJS Line Charts
Chart Theme light2

以下のチャートは
ルナの尿素窒素(BUN)を
表したものです。

CanvasJS Line Charts
Chart Theme light2

減少傾向にあった
クレアチニン値(CRE) と、
リン値(P) が上昇、
尿素窒素(BUN) が
停滞と、今後どのように
数値が変化するか気がかり
です。

以下は、
ルナの血液検査による
赤血球(RBC)値、ヘモグロビン(Hgb)値、
ヘマトクリット(Hct)値を
表したものです。

ここ最近の検査にて
赤血球(RBC)値、ヘモグロビン(Hgb)値、
ヘマトクリット(Hct)値、
全ての値が上昇しています。

↓の表は横スクロール (ドラッグスクロール) 出来ます。

ルナの血液検査結果退院時検査 1 (前比)検査 2 (前比)検査 3 (前比) 検査 4 (前比) 検査 5 (前比)今検査 (前比)正常域
RBC (10⁶/㎕)4.513.82 (⤵)3.50 (⤵)4.33 (⤴) 4.44 (⤴) 4.59 (⤴)5.05 (⤴)5.50-8.50
Hgb (g/dL)6.75.4 (⤵)5.1 (⤵)6.6 (⤴) 6.6 ( – ) 6.9 (⤴)7.7 (⤴)10-15
Hct (L%)22.017.5 (⤵)16.3 (⤵)20.0 (⤴) 20.4 (⤴) 21.5 (⤴)23.8 (⤴)32-40
Luna Blood Test Results Document 2

ヘマトクリット (Hct) は
血液に占める赤血球の割合です。
わかりやすくいえば
「血液の濃さ (%)」を表しています。

全ての数値が上昇したのは、
血をつくるホルモン (エリスロポエチン) の
調節がうまくいって新しい赤血球が造られた
結果
と考えられます。

エリスロポエチンは
骨髄の造血幹細胞に働いて、
赤血球の数を調整します。
腎臓の機能が低下して
エリスロポエチンの分泌が少なくなると
赤血球も減少します。

以下は、
RBC(赤血球)と Hgb(ヘモグロビン)の
Data Table と Chart です。

Date RBC level (10⁶/㎕) Hgb level (g/dL)
Day A 5.1 7.8
Day B 4.9 7.4
Day C 4.76 7.2
Day D 4.49 6.7
Day E 4.51 6.7
Day F 3.82 5.4
Day G 3.50 5.1
Day H 4.33 6.6
Day I 4.44 6.6
Day J 4.59 6.9
Day K 5.05 7.7

Notes on data

  • Day A = 入院時
  • Day E = 退院日
  • Day F = 11月の検査日
  • Day G = 12月の検査日
  • Day H = 1月の検査日
  • Day I = 2月の検査日
  • Day J = 3月の検査日
  • Day K = 今回の検査日

Chart by highcharts.com
HTML table by DataTables

上グラフで見て取れるように
緩やかに上昇傾向にあるのは、
血をつくるホルモン (エリスロポエチン) の
調節がうまくいっている
よい結果と言えそうです。

今後も、
尿素窒素(BUN)、
クレアチニン値(CRE)、
リン値(P) の変化と、
RBC(赤血球)、
Hgb(ヘモグロビン)、
ヘマトクリット (Hct) の
数値を注意深く見守って行く
必要
がありそうです。

※ あくまでも個人的見解です。

愛猫 ルナ キャットタワーにて

とにかく、
一日一日を大切に
今を精一杯ルナと共に
生きたいと思います。

「にゃ~にゃ~の日」の
趣旨に賛同下さった
猫好きの参加者さまは、

サプライズ・スポット参加の方も含みます。
多くの方々に参加頂き、
嬉しく思います
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。 貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
にゃ~にゃ~の日 2020年 5月 with 愛猫ルナの血液再検査報告 2020/04/22