8ヶ月前に投稿

Optimal settings for DataTables

この記事は約 4 分で読めます。

4.5

DataTables には
まだまだ数多くの Reference
Extensions があり、
試したり
ご紹介したいのですが、
今日は
実際にはどんな感じに使うのが
良いのか検証してみました。

Tableデザインも
スマホ、レスポンシブ対応となると
DataTables も
Responsive 拡張機能
有効にしたいところですが、
縦方向のサイズ変更は
必ずしも最適 ※な
Table layoutとは限りません。

※ 個人的主観です。

わたし自身は
Scroll Resize plug-in
使うのがよいと考えています。

Table dataのコピーや印刷は
Buttons extension を追加し、
タイトルは
Custom toolbar elements
追加してやります。

ルナの血液検査結果 退院時 検査 1 (前比) 検査 2 (前比) 検査 3 (前比) 今検査 (前比) 正常域
BUN-PS (mg/dl) 48.4 52.1 (⤴) 56.0 (⤴) 52.1 (⤵) 47.8 (⤵) 17.0-35.0
CRE-PS (mg/dl) 2.87 3.55 (⤴) 2.80 (⤵) 2.42 (⤵) 2.36 (⤵) 0.8-1.8
IP-PS (mg/dl) 5.0 4.3 (⤵) 3.0 (⤵) 3.5 (⤴) 4.3 (⤴) 2.7-6.4
RBC (10⁶/㎕) 4.51 3.82 (⤵) 3.50 (⤵) 4.33 (⤴) 4.44 (⤴) 5.50-8.50
Hgb (g/dL) 6.7 5.4 (⤵) 5.1 (⤵) 6.6 (⤴) 6.6 ( – ) 10-15
Hct (L%) 22.0 17.5 (⤵) 16.3 (⤵) 20.0 (⤴) 20.4 (⤴) 32-40
ルナの血液検査結果 退院時 検査 1 (前比) 検査 2 (前比) 検査 3 (前比) 今検査 (前比) 正常域
DataTables の設定等、
詳しくは↓のリストを参照の事。

今後、DataTables の Examples
Data sourcesAjax といった
データを取得するカスタマイズを
試したり紹介したいと思っております。

この記事に表示されている
DataTables の html コードは
GitHub のこちらです。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
Optimal settings for DataTables