WordPressの非公開APIを使ってスクリーンショットを表示する

この記事は約 4 分で読めます。

wordpress.comの非公開APIを使って
スクリーンショットを手軽に
取得できるそうなので
試してみたいと思います。

非公開API

APIの使用に関しては、
いつまでも使える保証はないそうです。
非公開なのだから当然でしょうか?

http://s.wordpress.com/mshots/v1/http%3A%2F%2Fexample.com%2F?w=250

カスタマイズ

コードは、わたしのリスペクトしている
かちびと.netさんの紹介しているものを
少々カスタマイズします。

カスタマイズ
  • STEP 1
    SSLに対応させる
    httpをhttpsに変更する
  • STEP 2
    画像にリンクを張る
    コードにリンクタグを追加

カスタマイズしたものがこちら。

子テーマの編集、
functions.phpに
以下のコードを追記します。

function api_sc_shot ($attributes) {
extract(shortcode_atts(array(
'url' => '',
), $attributes));
$imageUrl = sc_shot ($url);
if ($imageUrl == '') {
return '';
} else {
return '<a href="' . $url . '" title="' . $url . '"><img src="' . $imageUrl . '" alt="' . $url . '" /></a>';
}
}
function sc_shot ($url = ''){
return 'https://s.wordpress.com/mshots/v1/' . urlencode(clean_url($url)) . '?w=450';
}
add_shortcode('scshot', 'api_sc_shot');

上記コードでは画像の幅を450pxに指定しています。
Webサイトに合わせて数値を変更してください。

ショートコードで画像を取得します。

[scshot url="http://example.com"]

 

https://ja.wordpress.org/

 

↑ こんな感じに表示されます。

最後に

非公開なので、
いつまで使えるのか分かりませんけど、
このように簡単に
スクリーンショットが撮れます。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました

 

WordPressの非公開APIを使ってスクリーンショットを表示する