7ヶ月前に投稿

愛猫ルナの血液再検査報告 2019/12/04

この記事は約 3 分で読めます。

0

前回の血液検査から約一か月が経ち、
去る12月4日に血液検査を行いました。

皆さまには
ご心配をおかけしておりますが、
今のところ食欲もあり、
元気に過ごしています・・・が、
時々辛そうな感じが見受けられ、
それが心配ではあります。

その検査結果ですが、
尿素窒素(BUN)の数値が
上昇していますが、
クレアチニン値(CRE)、
リン値(P)共に減少しました。

ルナの血液検査結果退院時検査 (前比)再検査 (前比)正常域
BUN-PS (mg/dl)48.4 52.1 (⤴)56.0 (⤴)17.0-35.0
CRE-PS (mg/dl)2.873.55 (⤴)2.80 (⤵)0.8-1.8
IP-PS (mg/dl)5.04.3 (⤵)3.0 (⤵)2.7-6.4

以下のチャートは
ルナのクレアチニン値(CRE)を
表したものです。

CanvasJS Line Charts
Chart Theme light2

腎機能の程度と
クレアチニン値(CRE)とは相関関係にある。
Stage 3 から臨床症状があらわれる。

StageCRE ( mg/dl )臨床症状
1<1.6腎臓に異常がみられる ※1
2 (ルナのステージ)1.6-2.8 (ルナ 2.80)軽度の臨床症状 ※2
3 2.9-5.0 様々な臨床症状が全身に発現
4>5.0集中治療が必要

※1 尿濃縮能の低下、触診における腎臓の異常など。
※2 多飲多尿など。若しくは臨床症状なし。

犬と猫の慢性腎臓病の治療

クレアチニン値(CRE)だけ見れば
慢性腎臓病 ステージ 2 になり、
前回の検査のステージ 3 から
oneステージダウンと
嬉しい結果なのですが、
尿素窒素(BUN)の数値上昇が
気になる所で手放しで喜べない
状況なのは確かです

更には、ルナの場合、
合併症の貧血が気になる所です。

貧血とは、血液中の
ヘモグロビン濃度が薄まった状態をいいます。

ヘモグロビンは赤血球の中に存在します。

赤血球が酸素を運ぶ上で、
重要な役割を果たすのが
ヘモグロビン (血色素)です。
ヘモグロビンは、
体内の全ての組織が活動するために
必要な酸素を運搬する能力を担っています

赤血球の数が少なくなったり、
赤血球の中にあるヘモグロビンが
少なくなったりすると貧血になります。

以下は、
ルナの血液検査による
ヘモグロビン値を表したものです。

ルナの血液検査結果退院時検査 (前比)再検査 (前比)正常域
Hgb (g/dL)6.75.4 (⤵)5.1 (⤵)10-15

数値が徐々に減少しているのが
非常に気になります。

腎性貧血は
腎臓から分泌される赤血球を作らせる
ホルモンの減少により
赤血球をつくる能力が低下することで、
以下のグラフでもルナの赤血球は
減少の一途をたどっています。

CanvasJS Graphs with Secondary Axis
Chart types Column Chart

重度の貧血は
酸素が行き渡らなくなることで、
呼吸困難を起こしたり、
臓器がダメージを受けたりするため、
命に関わります

総評 ※ として、
腎機能は安定しているので、
腎臓病用療法食と経口治療薬の
効果が出ているのかなと思います。

ただ心配なのは貧血なので、
腎機能が多少なりとも向上した結果が
赤血球の数値上昇に繋がる事を
今後期待したいと思います。

※ あくまでも個人的見解です。

とにかく、
一日一日を大切に
今を精一杯ルナと共に
生きたいと思います。

貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして
有難うございました
愛猫ルナの血液再検査報告 2019/12/04