Now Loading...

2015年05月31日

門前おやき

善光寺へ参拝したら、
是非食べたいと思っていた

“おやき”

おやきは、

小麦粉・蕎麦粉などを水で溶いて練り、
薄くのばした皮で小豆、
野菜などで作ったあんを包み、
焼いた食品。

形状は円形で、
直径8〜10cm程度が一般的。

発祥地は、長野県。

(Wikiより抜粋)



善光寺周辺には
たくさんのおやきのお店があるのですか、

行列が出来ていたこのお店で買う事に。

なんでも某テレビ番組で、
タレントさんも食べに来たというお店。

DSC07539.JPG

写真は並んでいる時にパシャリ。

DSC07541.JPG

ここのお店のおやきは、
油をつけたおやきを
鉄板で焼くと言う

かなりヘビーなおやきですが、

そのもちもちの食感からか、
ペロリとイケちゃいます。

焼くから“おやき”
とよばれているのだろうなと思いますが、

蒸しものをおやきとして販売しているお店も
ありました。

色々なお店のおやきを食べ比べて、

自分好みのおやきを見つけるのも
楽しいかも知れませんね。


いつも心のこもったコメントを
ありがとうございます。

お返事、皆さまのブログへの
ご訪問が遅くなります事、

お許しくださいませ。



貴重なお時間を割き、
最後まで
ご高覧いただきまして有難うございました。





posted by きらら&ジュレ at 05:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | 2015-5 ジュレの日記
この記事へのコメント
おはようございます。

おやきを食べたことないですが、
もし食べることができたなら、
食べ比べしてみましょう。

誰かと半分こしないと肥えるかな
なんて、つまらないことに気をもんで
います。


Posted by Futchan at 2015年05月31日 06:54
とても美味しそうですね(^_^)☆
写真から美味しさが伝わってきそうですね♪
自分の好みのおやきを見つけられるというのもまたいいですね☆★

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★
Posted by くーまたん at 2015年05月31日 18:08
Futchanさん、おはようございます。
ありがとうございます。

そうですね。
わたしも食べ比べてみたいです。

確かに!
半分にしないと、他のおいしい物が
食べられなくなってしまいますね。
Posted by ジュレ(Futchanさんへ) at 2015年06月01日 03:50
くーまたんさん、おはようございます。
ありがとうございます。

そのように言って頂き
うれしく思います。

そうですね。
食べ比べの旅も楽しいかもしれません。

いえいえ、
こちらこそコメント頂きまして
ありがとうございます。

応援クリックに感謝いたします。
Posted by ジュレ(くーまたんさんへ) at 2015年06月01日 03:55
こんにちは

おやき・・って中は餡子じゃないんですね。(検索〜)

お餅の中に具が入って美味しそうですね〜。

関西ではないかな??並んでいるお店はやはり美味しいのでしょうね^^
Posted by bara at 2015年06月01日 11:28
こんばんは!
おやき食べたくなりました〜(^-^)/

善光寺名物なのでしょうか?
私も10年以上前ですが善光寺へ1度だけ行きました(^ー^)
実は例の?ライブが長野であって観光がてら善光寺へ行ったのですが…
おやきは食べなかったなぁ(>_<)
いろいろ種類もあるのですね♪
では次回行った時にでも!笑
Posted by YUKO* at 2015年06月01日 22:48
baraさん、おはようございます。
ありがとうございます。

そうですね。
あんこもあるようですが、
わたしの食べたのは、高菜であったり、
ナス等の野菜でした。

味は味噌で味付けしてありましたね。

関西にはありませんか。

他と比べた訳ではありませんが、
おいしかったです。
Posted by ジュレ(baraさんへ) at 2015年06月02日 04:34
YUKO*さん、おはようございます。
ありがとうございます。

おやきは、長野県の郷土料理、
名物のようです。

機会がありましたら、是非。

東京ドームでGLAYのライヴがあったのですね!

それはすごい!夢のような共演ですね。
すてきなビアノだったのですね。

よい時間を過ごされましたね。
Posted by ジュレ(YUKO*さんへ) at 2015年06月02日 05:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/136012735

この記事へのトラックバック

PAGE TOP